シズカゲルの悪い口コミの真実を究明する

シズカゲルに日焼け止めは必要?使うならどの順番で?

シズカゲルに日焼け止めは必要?使うならどの順番で?

「ヨクバリ美白」が売り文句のシズカゲル

 

オールインワンで美白やシワ、

肌荒れのケアもできるとなれば、

日焼け止めにも使えそうなイメージですよね。

 

でも、結論から言うと

シズカゲルで日焼け止め対策はできません。

 

最近はUVカット成分の入った

オールインワンもあるので、

間違えやすいですが、

そこはしっかり区別が必要です。

 

今回は、

シズカゲル日焼け止めの関係

について書いてみたいと思います。

 

 

シズカゲルに日焼け止めは必要?

シズカゲルは1本5役のオールインワン。

 

ここでいう5役は、

化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック

の5役です。

 

日焼け止めの役割はないんですね。

 

なので、

日中は日焼け止めとの併用が欠かせません。

 

 

シズカゲルにUVカット成分が入っていない理由

シズカゲル日焼け止め

「オールインワンなら日焼け止め成分も入れればいいのに!」

と思う方も多いでしょう。

 

たしかにその方が便利ではあります。

 

でも、入れない理由がちゃんとあるんですね。

 

日焼け止めには当然UVカット成分が入っています。

 

最近はSPFやPAの値が高い強力なものや、

汗をかいても落ちにくいウォータープルーフ

のものもあります。

 

日焼け止めとしては優秀なわけですが、

これらの成分は肌荒れを起こしやすくなる

成分でもあるんです。

 

日焼け止めで肌荒れした!」

っていう話を聞いたり、

経験したことはありませんか?

 

日焼け止めは必要だけど、

あまりお肌にいいものじゃないんですね。

 

なので、最近多いUVカット成分の入った

オールインワンも、説明書きをよく読んでみると

夜使うことを推奨されていないはずです。

 

シズカゲルが目指しているのは

あくまでも「美白」です。

 

「ヨクバリ美白」が売り文句になっていますが、

美白のためにシワや肌荒れのケアもできる

ようにしているというべきかもしれません。

 

そして敏感肌の方でも使えるように

「無添加」にもこだわっています。

 

ようするに、

シズカゲルが目指す美白へのアプローチに、

UVカット成分はジャマなんですね。

 

なんでもありのオールインワンは

確かに便利だし、

その方が売れるかもしれません。

 

そこをあえて美白にこだわって、

なんでもありにしないところは

基礎化粧品のメーカーの姿勢としては

評価できるところではないでしょうか?

 

 

日焼け止めの順番

シズカゲル日焼け止め

とはいってもシミの一番の原因は

日焼けによる「肌老化」ですから

日焼け止めは必要です。

 

そこで悩むのが

「どの順番で使うのがいいの?」

ということじゃないでしょうか?

 

シズカゲルは基礎化粧品という

位置づけですから、使う順番としては

シズカゲル → 日焼け止め

という順番になります。

 

逆にしてしまうとシズカゲルを使う意味が

なくなっちゃいますから気をつけましょう。

 

 

ニベア併用するなら気を付けて

シズカゲルとニベアを併用する

という方もいらっしゃると思います。

 

併用すると特別な効果があるかというと、

そういうわけではありません。

 

そちらに関しては別ページにまとめて

ありますからぜひ読んでみてください。

 

シズカゲルとニベアの併用で特別な効果はある?

 

別ページでも根拠を書いていますが、

気をつけたいのは、ニベアはむしろ

日焼けを促進してしまうという点です。

 

なので、朝シズカゲルとニベアを併用して、

日焼け止めを塗らなかったら、

お肌には最悪の結果になるので注意しましょう。



カテゴリー