モーツァルトの陰謀

Amazon UKのカスタマー・レビュー


●ものすごくよい読み物!!! ★★★★★(★5つ)

素晴らしい。だまされたと思って読んでみて。絶対がっかりすることはないから。


●マリアーニはまたやってくれました ★★★★★(★5つ)

もし、スコット・マリアーニの本をまだ読んだことがないなら、読んでみて。個人的には、ポール・サスマン(聖教会最古の秘宝)やダン・ブラウンと並んで、マリアーニが好きです。彼の本は読み始めたら、途中で止められない。彼の本が映画になるのも時間の問題だ。


●引きつけられる本 ★★★★☆(★4つ)

とっても面白い。アクションがいっぱいの小説。ひとつだけ批判するところがあるとすれば、ベン・ホープが自分の雇い主の素性をあまり調べないことです。ベンはなんでも額面どおりに受け止めてしまう。もう少しリサーチをすれば、もっと論理的になるのに、って思う。この〈論理的なリサーチ〉をさせないのは、最後のページで読者をあっと言わせるためかもしれない。でも読者の多くは、とっくにわかっていると思う! それでも、わたしはこの本に魅了されたし、これから出るベン・ホープのアドベンチャーは絶対に読むと思う。


●ページがどんどん進む。本を下ろせなくなるよ ★★★★☆(★4つ)

リー・チャイルドとダン・ブラウンを合わせたような感じっていうのが、この上質なスリラーの感想。ベン・ホープはジャック・リーチャー(リー・チャイルドの小説の主人公。アメリカ憲兵の退役軍人)のようなタフな主人公だ。でも、もっと愛すべきキャラクターだ。それと他の登場人物がうまく配置されている。特にベンの初恋の相手、リー・ルエリンがいい。彼女がストーリーの中心になっている。

他のレビューアーのように、私も一気に読んでしまった。この本は、ほんとにページが進むし、てんこ盛りのアクションが目に浮かんでくる。手に汗を握るようなリアルな緊張感にはちょっと欠けるけど、全体的にまったく影響はないし、どんどん読み続けられる。

スコット・マリアーニの他の本ももう注文したよ。


●物凄くゾクゾクする読み物 ★★★★★(★5つ)

ベン・ホープ・シリーズの2作目は、テンポが速く、緊張感があって最高。最近読んだ本の中で一番おもしろかった。もっともっと読みたい。アクション好きならハイ・テンポなスリルに圧倒されるだろう。話の核となっている歴史的な陰謀は、信憑性があって、説得力がある。文章の質はとても高く、推理小説ではめずらしく、性格描写もかなりのレベルである。ベン・ホープには強さと深い感受性があり、真のヒーローとしての資質を合わせ持っている。物凄くゾクゾクする読み物で、次作が待ち切れない!


●Mozart Conspiracy ★★★★★(★5つ)

ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」みたいな本が好きなら、絶対にこれが気に入るはず。それ以上ではないかもしれないけど、負けないと思う。ほんとうにページが次々くれるし、本を下ろせなくなる。最後までずっと興味を引きつけられる。


●最高の推理小説! ★★★★★(★5つ)

「消えた錬金術師」も読んでいたので、かなり楽しめました。エキサイティングで魅力的な主人公ベン・ホープ。2作目をとても楽しみにしていました。期待は裏切られませんでした!この本は、最初から最後まで、テンポが速く、まさに読み出したら途中でやめられない本、ストーリーラインや登場人物もしっかりと描かれています。著者のスコット・マリアーニはますますパワーアップしているみたいで、彼の作品から目が離せません。


●もっと読みたい~! ★★★★★(★5つ)

私はこの本に陶酔しました。このジャンルにはたくさんの本があって、いつも同じテーマを読んでいるような気がしていました。この本はまったく新しい。わくわくします。もっと読みた~い!!!


●すばらしい小説!!! ★★★★★(★5つ)

スコット・マリアーニのバンパイア・シリーズ”Uprising”が大好きなので、ベン・ホープの本にも挑戦してみました! まったく失望させられませんでした。なんて本なのかしら。マリアーニはダン・ブラウンの真似をしようとしているって言う人がいるけど、そう言う人は頭がどうかしてる! マリアーニの文章は他の作家の書いたものより、はるかに優れているじゃない! この本はW・A・モーツァルトに何があったのかという謎に光を当てています。そして、とてもリアリティがあります。それでいて、モダン・スリラー並にペースは速いし、すばらしいヒーローとともに陰謀や策略に満ちています。そしてドラマチックで、ショッキングな結末。ベン・ホープの本は全部買います。絶対にね。


●陰謀、アクションが好きな人には待望の一冊!!! ★★★★☆(★4つ)

主人公ベン・ホープは「消えた錬金術師」(素晴らしい5つ星の本)で読者にはすでにお馴染みである。彼は元英国陸軍特殊空挺部隊の兵士で、つらい過去を持っている。それは、なぜ彼はこういう人間になったのか、ということの重要な要素となっている。

史実にはないが、空想的な陰謀説がうまく提示されているこの本は、本当に読み始めたら途中でやめられなくなる。サスペンスにあふれている。アクションと陰謀が詰まっている。

スコット・マリアーニは、人物の描き方や文章力が、リー・チャイルドの「ジャック・リーチャー」シリーズよりも優れていると思う。次の本が待ち遠しい。私は彼の大ファンです。


●ぜひ読んで! ★★★★★(★5つ)

ちょうどこの本を読み終えたところです。食事2回と睡眠を取り損ねましたが、本を閉じることができませんでした。そして、驚きの結末です。


●The Mozart Conspiracy ★★★★★(★5つ)

スコット・マリアーニの本は全部読んでいるけど、これだけは読んでいなかった。素晴らしい読み物。読み終えるまで座りっぱなしで、途中でやめられなかった。彼の本から一冊選ぶとしたら、断然『モーツァルトの陰謀』。スコット・マリアーニは、スティーブ・ベリーやクリス・クズネスキーとともに僕のお気に入りの作家だよ。


●すばらしい読み物 ★★★★★(★5つ)

この優れた作家をまだ発見していない人は、すぐに読んでみるべきだね。すばらしい文章力、すごい登場人物、それに奇想天外なエンディングは、ダン・ブラウン――マリアーニと比べるのも不当だけど――なんかじゃ絶対に書けない。私はそれほどモーツァルトのファンじゃないけど、それでもCDを買ったり、オペラ〈魔笛〉を観に行ったりしたことはあるので、最後のいくつかのシーンがあのサウンドトラックとともによみがえってきた。実にすばらしい。私はこの作家、そしてこのシリーズに魅了された。


●すばらしいフォームのマリアーニ ★★★★☆(★4つ)

どの章も陰謀や仕掛けのペースが速い。サスペンス、アクション、バイオレンスが少しでも好きなら、この本は間違いないと思う。21世紀のジャック・ヒギンズってとこかな。


●The Mozart Conspiracy ★★★★★(★5つ)

優れた、ペースの速い読み物。ジェームズ・ボンドやインディー・ジョーンズのファンなら喜ぶと思う。


●すごい ★★★★★(★5つ)

私は、あまり本を読まない方です。でもこの本は私の心をとらえ、私は本を下ろすことができませんでした。結末がすばらしかった。なんてすごい本なんでしょう。この作家の本をもっともっと読んでみたい。