Camino de Santiago

銀河の道 Mitsue Kojima

第4章 いざ出発!/持ち物の点検

持ち物(数量等) 備考
ザック(30ℓ) 40ℓ程度を持つ人が多かったが私は30ℓで足りた
ザックカバー 雨除けに必要
ハイキング用ゴアテックス素材のハイカット
靴の泥除け(ショート) 夏場は使用しないが、秋冬には必需品
靴(宿到着後の履き替え) 夏はサンダル、秋はジョギングシューズを持参。足が疲れるので必要
ビーチサンダル シャワー室で利用
パンツ(2枚) 速乾性、ストレッチ素材のもの、1枚はパジャマとして着用
翌朝そのまま出発することもあった
シャツ(長袖3枚) 速乾性、日除けのために必要、夏も長袖を着用する
肌着 速乾性
靴下(5本指3足) 5本指ソックスは豆の防止になった
フリース 夏でも夜は寒いので必要
ジャケット 10月辺りからは必要
帽子 夏の日差しは強いので必需品、秋冬はフリース物
マフラー 秋冬は必要
手ぬぐい(2枚) 汗拭き、身体洗い用となり便利
ポンチョ 頭から被れるので便利
寝袋 3シーズン用、秋冬でもアルベルゲには毛布があるので大丈夫
枕カバー 衛生的に気になったので必要
マット 野宿用で必要
石鹸 身体洗い、洗濯とこれ1個(現地でも1つ売りしてくれる)
石鹸入れ 網目のビニール製袋に入れ、蛇口に引っ掛けて使用、便利
シャンプー リンスイン(現地でも売っている)
化粧水 必要分だけ
リップクリーム 夏場は乾燥するので必要
日焼け止めクリーム 秋冬でも日焼けするので必要
携帯用の小さな物
爪切り 衛生的に必要
ソーイングセット 針と黒と白の糸のみ
洗濯ひも(2mくらい) 雨天の日は室内に洗濯物を干すのに必要
洗濯ばさみ(6個) 宿には洗濯ばさみが無いこともあるので必要
安全ピン(6個) 洗濯物をザックに付けて歩くため
輪ゴム(5個) あると何かと便利
トイレットペーパー 宿やバル(Bar)のトイレには無いこともあるので必要 何かと便利
風邪薬、胃腸薬、バンドエイド、消毒液は念のために
めん棒 衛生的に必要
ワイン栓抜き ワイン好きの私には必要
食事セット ナイフ、スプーン、フォーク 特にナイフは自炊のために必要
調味料(小分けにして少量ずつ) 塩、胡椒、醤油、マヨネーズは外でランチする時にあるといい
ジップロック(大中小各3枚) 濡れては困るものを入れるために必要。お金を小分けするのに便利
大きめのビニール袋 シャワー室で必要な物を入れるために必要
懐中電灯 夏場は暗いうちから歩くので必要
乾電池 フランスでもスペインでも買うと高いので
帆立の貝殻 なくてもいいが、私は近くの海岸で拾った帆立貝に錐で穴を開け、ザックに着けた
杖(スティック) 両手にスキーストックを持っている人がいた。山で拾える木で代用できる
筆ペン 漢字で名前を書いてあげるときに使う