韓美林プロフィール

韓美林履歴書

職務経歴

1936年 山東省済南市に生まれる
1941~1948年 済南市正宗救済会貧民学校・第二実験小学校
1949~1950年 人民解放軍に参加──
済南四里山「烈士記念塔建設委員会」に勤務
1950~1952年 三野二十四軍に参加
済南市演劇団
1953~1955年 済南市南城根小学校に教師として勤務
1955~1960年 中央美術学院、中央工芸美術学院で学ぶ
1960年 中央工芸美術学院卒業
1960~1963年 中央工芸美術学院デザイン科助手
1963~1964年 安徽省軽工業庁工芸美術研究室に勤務
1964~1978年 「四清運動」により下放され、淮南陶磁器工場で労働
1978~1985年 安徽省文聯画院・副院長に就任
〔訳注:文聯=文学芸術界聯合会〕
1985年より 中国作家協会創作研究部専業作家、国家一級美術家、
国務院の特別報奨対象芸術家
1989年 中国美術家協会韓美林工作室主任

社会的役職

  全国政治協商委員常務委員
  中央文史研究館館員
  全国政治協商会議 教育・科学・文化・衛生委員会委員
  中国美術家協会理事
  国家体操チーム芸術顧問
  中国体操協会特任副主席
  中国民間芸術委員会副主任
  米中文化交流促進会(アメリカ)副主席
  中華海外友好連合会常務理事
  中国美術家協会陶磁芸術委員会主任
  中国工芸美術学会書画委員会会長
  中国慈善総会常務理事
  中国平和統一促進会常務委員
  世界芸術家協会(アメリカ)芸術顧問
  中国作家協会会員、芸術顧問
  世界華人協会副会長
  中国芸術研究院大学院教授
  中国田漢基金会副理事長
  国際関愛基金会名誉会長
  2008年オリンピックマスコット芸術顧問

公益事業

1997年 延安一里坡韓美林希望小学校設立に資金寄付
1998年 政治協商ルートを通じて中国洪水災害に10万元を寄付
2000年 日本国栃木県真岡市に彫塑「欅」を寄贈
高さ8メートル、青銅鋳造
2001年~ 毎年中国女子ボクシングチームに資金援助
2003年 湖南市政府に衡陽火災犠牲者記念彫像を寄付
2003年 延安一里坡韓美林希望小学校の
学習条件改善のため再度資金を寄付
2003年 広東省深圳市南山区に
「SARS 撲滅」彫像を寄付
2003年 中国政治協商会議に
「SARS 撲滅」記念バッジ10万個、
小型「SARS 撲滅」彫像600個、
大型「SARS 撲滅」記念彫像3個を寄付
2003年 政治協商会の出版物「画界」に
2004年度経費を寄付
2004年 雑誌「中国陶芸家」出版のため資金提供
2004年 国際オリンピック委員会の招待により
アテネオリンピックに参加
2004年 延安韓美林希望小学校の生徒たちを
北京に招待
〔希望小学校とは、「希望プロジェクト」という
国家プロジェクトの一環で、寄付によって
貧困地区に建設される学校。寄付者は小学校に
自分の名前を冠することができる〕
2004年 潞河中学校で韓美林奨学金を設立
2004年 甘粛省八道泉で韓美林希望小学校に資金寄付
2004年 中国陶芸芸術委員会を毎年支援
2005年 日本国栃木県真岡市に韓美林基金会を設立
2005年 全国陶磁器芸術工作会議の開催に資金提供
2005年 済南市の「斉魯の光」慈善活動に
大型書画を寄贈
2006年 雲南省建水県臨安鎮蘿ト甸村に
韓美林希望小学校を建設
2007年 日本国栃木県真岡市の市制50周年を記念して、
彫塑作品「青春」を寄贈
2007年 杭州市・官窑博物館に
彫塑作品「神火」を寄贈
2008年 福建省・積翠園芸術館に
作品2点──「馬」、「人体」を寄贈
2008年 全国政治協商会議を通じて、
四川省・汶川大地震被災地に20 万元を寄付
2008年 民政部を通じて、
四川省・汶川大地震被災地に100 万元を寄付

受賞歴

1983年 国連が発行する
クリスマスカードデザインに
作品6点が起用される
1997年 散文「人生美好」が全国散文コンクールで
「韓愈杯」二等賞を受賞
1997年 日本国栃木県真岡市より
栄誉市民の称号を贈られる
1998年 散文「換個活法」が全国散文コンクールで
「韓愈杯」一等賞を受賞
2003年 世界芸術家協会(アメリカ)より
世界芸術貢献賞を受賞
2003年 日本国栃木県真岡市より特別栄誉市民称号を授与
2004年 世界芸術家協会(アメリカ)より
「中国傑出芸術家賞」を受賞
2004年 散文「孰愛」が
第一回「孟郊賞-慈母の心、異郷での思い」
世界中国語散文コンクールで二等賞を受賞
2004年 米・ブッシュ大統領が授与する
「大統領教育賞」を受賞
2005年 芸術画集「美林」が第14回中国図書賞を受賞
2005年 「中国十大財智人物賞
〔経済・社会に貢献した十大人物を選ぶ賞〕」を受賞
2006年 「中国十大魅力英才賞」を受賞
2006年 大中国傑出デザイン最高栄誉大賞を受賞
2007年 米国アラバマ州モンゴメリー市より
栄誉市民賞を贈られる
2007年 中国籍民選官員協会による芸術成果賞を受賞
2007年 画集「天書」が第19 回香港印刷大賞・
豪華包装化粧箱優秀賞を受賞
2007年 「山東省十大優秀人物」に選出
2007年 第29回オリンピックマスコット
「福娃(フーワー)」が
中国アニメーション・ゲーム業界「金の指」賞受賞

展覧会開催状況

1979年 北京個展開催1(200点)
1979年 香港個展開催
1980年 アメリカニューヨーク、ボストン等
21都市で個展開催
(サンディエゴ市より「ゴールデンキー」贈呈)
(ニューヨーク市マンハッタン区は
1980年10月1日を「韓美林の日」と宣言)
1986年 シンガポール個展開催
1988年 北京個展開催2(1600点)
1989年 台北皇冠芸文センター個展開催
1989年 世界17カ国巡回個展開催
1990年 台北皇冠芸文センター個展開催
1991年 カナダトロント個展開催
1993年 台湾個展開催
1993年 マレーシア個展開催
1993年 北京個展開催3(1600点)
1994年 インド個展開催
1995年 広州個展開催
1999年 北京個展開催4(2000点)
1999年 広東省深圳市個展開催
2000年 香港で龍がテーマの彫刻展開催
2001年 北京個展開催5(3000点)
2003年 二年に一度の国際展覧会に
彫像作品「母と子」を出展
2003年 中国彫刻精品展・天津展に
10点余りの作品を出展
2004年 中華世紀壇で「猿」個展開催
2005年 「黄天厚土彫塑大展覧会」
2007年 和して同ぜず-中国現代彫塑指名展
2007年 汎彫塑芸術展
2008年 北京個展開催6(5000点)
2008年 シンガポール個展開催

芸術館

1999年 北京韓美林芸術陳列室 落成
2003年 北京韓美林芸術館 定礎
2005年 杭州韓美林芸術館 開館
2006年 杭州「天書楼」落成
2008年 北京韓美林芸術館 開館

交流活動

1994年 日本国際交流基金の招待により来日
1994年 インド外務省の招待により
文化交流のためインド訪問
1997年 ドイツが韓美林芸術基金を設立
1997年 芸術キャラバンで
河北、山西、陜西、河南、山東、江蘇、浙江
七つの省、二十県市余りを訪問。
農村・工場をテーマした作品は二千点余り
2001年 米中文化交流促進会(アメリカ)
副会長を再任
2001年 芸術キャラバンで鈞磁
〔中国五大磁器の一つ〕の故郷に赴く
2001年 苗族、トン族等の少数民族と
第一回「姉妹祭」を共同開催
2002年 苗族、トン族等の少数民族と
第二回「姉妹祭」を共同開催
2002年 芸術キャラバンでチベットアリ地区に赴く
2002年 二年に一度の国際美術祭開催期間中、
世界各国芸術家100名が制作室に
見学、交流、歓迎パーティー開催
2003年 中国美術家協会陶磁芸術委員会陶芸家代表団を
率いて、日本で陶芸交流パーティー開催

目次

プロフィールトップへ